SESでの内定を辞退して受託開発系に就職した

2020年10月12日

SESでの内定を辞退した

今から2ヶ月前、僕はSESで内定をもらっていた。

しかし

「SESでいいのか?」

「時間はあるし、もう少し自分が納得するまで探してみよう」

そう思って、ハイブリッドアプリの開発に携わっている会社を探すこと1ヶ月。

東京のとある会社で内定をゲット。

1ヶ月前に内定をもらっていたSESの会社は、同時に辞退することにした。

なぜSESが嫌だったか

なぜSESが自分に向いていないと思ったか?

当然SESで働いたことがないので、「やってみないとわからないじゃないか!」と言われれば、それはその通りだと思う。

SESにも向き不向き、いい現場と悪い現場があり、一概に言えるものではない、ということは理解している。その上で僕がSESを辞退した理由を書いていく。

勤務地が頻繁に変わる

これはSESというか、客先常駐の派遣なんかでも言える事かも。

勤務地が変わると何が嫌かというと、「職場の近くに住む」というのが難しいからだ!

僕はできる限り職場の近くに住んで、出勤時間と言うものを減らしたい。満員電車で1時間とか味わうぐらいなら、僕は職場の近くに住みたい。

しかし、勤務地が数ヶ月と言うスパンで変わると、流石に引越しがめんどくさいw。超ミニマリストでも、職場近くのシェアハウスを1年に何度も探すのは辛いだろう。。。

リモートワークができない場合もある

「セキュリティーなどの都合で、客先常駐はリモートワークができない環境が多い」との情報をよく見かけた。

※しかし、コロナの影響で大きく変わった可能性がある!

こちらの記事 ではテレワーク実施率を調査した結果が紹介されてある。これを見る限り、SESもそれなりにリモートワーク ができていると思われる。

人間関係の構築を現場が変わるごとにしないといけない

これはもう完全に向き不向きですね。。

もし就職した先で職場の人間関係が悪いと、SESみたいに期限付きで職場の人間関係がリセットされるのは嬉しい事だと感じるだろう。

また、色々な人に出会えると言うのも、逆にメリットと感じる人もいる。

だが僕は何となく、どうせ仕事仲間と知り合うなら深い関係になりたいと思ったので、デメリットに感じた。

お仕事

Posted by gento